集団左遷

集団左遷ドラマ|原作小説本のあらすじは?主題歌はエレカシ!?

集団左遷の予告動画も解禁されて、いよいよ始まるんだなぁ!という雰囲気になってきました!
今回は、ドラマ「集団左遷!!」の原作小説本のあらすじや、主題歌がエレカシ!?とざわついている話題についてご紹介します。

Sponsored Links

集団左遷ドラマ|原作小説本は講談社?祥伝社??

ドラマ「集団左遷!!」の原作小説本は2冊

講談社文庫の「新装版 銀行支店長」と「集団左遷」。


上の2冊は1月16日(水)に発売された、ということだったのですが、集団左遷、祥伝社からも出てたよね~と思って調べてみました。

集団左遷は、

  • 1993年7月…単行本(世界文化社)
  • 1995年7月…文庫本(祥伝社文庫)
  • 2018年11月文庫本新装版(祥伝社文庫)

からの、今回の講談社文庫です。

集団左遷ドラマ|原作小説本のあらすじは?

「新装版 銀行支店長」のあらすじ

大手銀行、三友銀行の支店長・片岡史郎が主人公。

合併した旧大昭和信用金庫の本店だった飯田橋支店に異動して立て直しを命じられるが、合併したと言っても元々は別銀行。

元信金の古参組と上手くやっていくのはなかなか一筋縄にはいかない。
娘が不登校、という家庭の問題だったり、スキャンダルに巻き込まれたり…といろんな問題に奮闘するストーリー。

個人的には、今の銀行マンより一世代前の銀行の話になると思うので、ドラマではそれがどれくらい今風になるのかが見所だと思います。

銀行にいた自分としてはちょっと見逃せない感じです☆

Sponsored Links

「集団左遷」のあらすじ

主人公は三有不動産の篠田洋。

篠田は首都圏特販部の本部長を命じられるが、それは会社で無能とされる社員たちが集められた部署で、目的はその社員たちの大量解雇。

篠田を本部長に任命した副社長の横山輝生は、解雇を目論んで実現不可能な販売計画を押し付ける、という強引なやり口で彼らを追い込んでいきます。

そこで第三営業部長の滝川晃司を中心に社員たちは結束して格闘する、というお話。

個人的にはこちらの内容の方が好みだわ

ドラマではこの2冊を元にしてどのような話の展開になっていくのか楽しみですね~。

ここ最近の日曜劇場の傾向から行くとハッピーエンドかな…それとも、次への布石としてちょっと「えーー」っていう結末にするのか。

早くドラマが見たい!

集団左遷ドラマ|主題歌はエレカシなの!?

ドラマの主題歌って結構重要ですよね。

ドラマの中のいいタイミングで流れてくるとすごく心地よく観れます。

今回のドラマ「集団左遷!!」。

福山雅治さんが主人公なので、福山さんの曲だったりする!?と思っていましたが、テレビで流れた予告動画のBGMはなんとエレファントカシマシ「俺たちの明日」でした。

でもまだ予告動画の段階ではわからないないですね。

こちらは公式の発表を待ちたいと思います☆

Sponsored Links